【賃貸OK】自作アジャスターを使って壁掛けテレビ|前編|

はい!どうもこんにちは!MOKUMOKUチャンネルです!

今回は、実家のリビングのテレビを『壁掛けテレビ』へDIYしていこうと思います。

壁掛けテレビDIY

🔽動画はこちら🔽

壁掛けテレビとは?

個人的な意見としては、

  • とにかくお洒落でカッコいい
  • テレビ周りの配線が隠れてスッキリする
  • 部屋の圧迫感がない
  • 『自作アジャスター』を使えば安価で、賃貸でもできる

今回の記事では『自作アジャスター』を使えば安価で、賃貸でもできる
という点について詳しく書いていきます。

今回行うDIYは、実家のリビングのDIYで現在はテレビボードにテレビを置いています。
こんな感じです。

今置いているテレビを壁掛けにしていきます。

大まかな作業内容は、

  1. 自作アジャスターで柱を4本立てる
  2. その柱に木の壁を作る
  3. 壁掛けテレビ用の金具を取り付ける

この手順で進めていきます。
※今回の記事は材料の調達から下準備までになります。

材料紹介

材料はホームセンターとAmazonで揃えました。

材料リスト
  • 2×4材 8ft 4本(ホワイトウッド)
  • 1×4材 6ft 25枚(ホワイトウッド)
  • ビス(黒色)1箱
  • 壁掛けテレビ用金具(Amazonで購入)

今回はかなりの数の木材がありますね。
これだけの数の木材選びは時間が掛かりました💦
いい材料選び』はDIYでとても重要ですからね。

モクモク
モクモク

材料選びで失敗すると
そこでDIYは終了ですよ!

「それではMOKUMOKUと作業をしていきます」

作業開始

①自作アジャスターを作る
まずは柱を立てる際に使う「自作アジャスター」を作ります。
自作アジャスターの作り方は別で記事を書いていますので省略します。

柱を4本立てるのでアジャスターも4個作ります。
柱を立てるDIYでは「ディアウォール」や「ラブリコ」がよく使われていますが、
自作アジャスターは1個60円とコスパがめっちゃいいのでいつもこれを使っています。

②2×4材で柱を作る
自作アジャスターができたので柱を準備していきます。
柱は2×4材を使います。床から天井までの長さ-50㎜でホームセンターでカットしています。
柱の材料の加工もこちらの記事で説明しています。

柱には自作アジャスターのボルトが入る穴の加工だけですね。

②壁となる1×4材の加工
1×4材にビスを打つ下穴を開けていきます。

まずは墨付けです。
かなりの数があるので8枚くらいをまとめて墨を付けていきます。
クランプで抑えておくと作業がやりやすいです。

柱は4本立てるので4箇所分の下穴を割付し墨を付けます。

墨を付けたところに差し金を当て、まとめている材料全部に墨を付けます。

まとめて行えば作業効率が上がりますね!

こんな感じに墨付けができています。

さっきの墨線とツーバイフォー定規のセンターラインを合わせて、

この2点に下穴の墨を付けます。

こんな感じで出来ました。

これを1枚の1×4材に4箇所していきます。

モクモク
モクモク

全部で25枚分…
めっちゃ疲れました。

次は、墨を付けたところに下穴を加工します。

これまた疲れました。

③サンディング
材料への加工が終わったのでサンディングをしていきます。
まずは目が荒い#100で行い、#240番で仕上げをしていきます。

サンディングは地味で時間の掛かる作業ですが、妥協はできません。
3時間くらい掛けてなんとかこの数を終わらせました。

サンディング後は木屑をしっかりと拭き取ります。

④塗装
塗装はワトコオイルの『ダークウォルナット』で行います。

刷毛で塗装していきました。

ダークウォルナットはワトコオイルの中でも人気色です。

木口も忘れないように塗装します。

ワトコオイルについては後日、詳しい記事を書こうと思っています。

ワトコオイルの特徴をざっとまとめると、

  • 簡単に塗装ができる
  • 適当に塗ってもムラができない
  • 木目を引き立たせてくれるので仕上がりがキレイ
  • オイルの臭いが少しきつい(塗装時は換気すること)

この様な特徴がありますね。
適当に塗装しても仕上がりがキレイっていうのがよくて、DIYデビュー当時から愛用しています。

塗装が終わったらウエスでしっかりと拭きあげて終了です。

1回塗りでも、いい色出ていたので1回塗りで終わりました。
もっと色を濃くしたい場合は、重ね塗りするといいです。

ワトコオイル塗装時に使用した、刷毛やウエスは水に浸けて廃棄して下さい!

モクモク
モクモク

ワトコオイルは引火性の液体だからデンジャラス

今回の記事はここまでです。

  • 自作アジャスターを作る
  • 柱の材料の加工
  • 壁用の1×4材の加工、サンディング、塗装

材料の準備ができたので、
次回の記事では

  • 柱を立てて
  • 木の壁を作って
  • テレビを壁に掛ける

この手順で作業を行って完成させていきます。

作業しているのが、6月上旬でとても暑かったですね。

次回の記事もお楽しみに!

商品リンク

この記事で出てきた工具や道具の商品リンクです。

🔽壁掛けテレビ取り付け金具🔽
壁掛けテレビをするときはいつもこれを使ってます。

🔽Makita|ドリルドライバー🔽
メインで使っているドリルドライバーです。DIYモデルではありますが問題なく使用できています。

マキタ(Makita) DIYモデル 充電式震動ドライバドリル M850DSX バッテリ2個付 送料無料

🔽ハイコーキ|オービタルサンダー🔽
こちらもDIYモデルですが問題なく使用できており、メインで使っているオービタルサンダーです。
パンチプレートも付属しています。

🔽ワトコオイル🔽
とても扱いやすい塗料です。DIYデビュー当時からずっと愛用しています。

created by Rinker
ワトコ(Watco)
¥3,684(2024/03/04 18:17:46時点 Amazon調べ-詳細)

🔽クランプ🔽
材料を固定する際に使う道具です。一番使用頻度の高いクランプです。

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥1,403(2024/03/04 18:02:17時点 Amazon調べ-詳細)

🔽ツーバイフォー定規🔽
1×4材や2×4材を使う際にあると便利なアイテムです。

created by Rinker
清水製作所
¥473(2024/03/04 18:45:51時点 Amazon調べ-詳細)

🔽下穴ドリル🔽
ビスを打つ下穴を加工する際に使用します。

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥525(2024/03/04 07:07:38時点 Amazon調べ-詳細)

🔽差し金🔽
墨を付ける際に使う道具です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました